マンションの大規模修繕工事なら東京住宅サービス

MENU

大規模修繕工事

大規模修繕工事

大規模修繕工事とは?

マンション1

お住まいのマンションのような大きな建造物において、経年劣化などによる性能低下を防ぐ為、定期的に実施される修繕工事の事を言います。

また、性能低下を防ぐためだけでなく、建物価値を向上させる目的もあります。

マンションも一戸建てと同様メンテナンスが必要で、大規模修繕工事の実施タイミングは、一般的に12年が目安となります。

大規模修繕工事はなぜ必要?

マンション2

完成したばかりのマンションはとても綺麗で頑丈です。
しかし、どのような建物であっても、時が経つにつれ、段々と劣化していきます。

建物の劣化をそのまま放置していくと、外壁塗装がはげる等、美しい外観が損なわれるだけではなく、安全性が損なわれ、建物の寿命も短くなり、資産価値も減少してしまいます。

建物の老朽化を防ぎ、資産価値を保ち快適に暮らすため、日常的なメンテナンスや計画的な大規模修繕工事が必要です。

大規模修繕工事時期の目安

どんなに頑丈そうに見えるマンションであっても、経年による建物の破損や汚れといった老朽化の問題には必ず直面します。一見、建物の外部に異常が見られない場合でも、内部では各所の劣化や腐食が進んでいる可能性があります。

大規模修繕工事は、部位毎にそれぞれ修繕の時期が異なりますが、12年周期が一般的です。しかし、あくまでも目安となるため、それより前に大規模修繕工事が必要な場合もありますし、逆に劣化がすすんでない場合はもう少し期間を伸ばして行うこともあります。

建物の仕様によっても工事の周期は異なります。例えば、タイル張り・モルタル仕上などの建物の場合は、外壁落下による事故を防止するため、「建物の竣工、改修などから10年を経ている場合は」、3年以内に外壁の「全面打診調査」を実施しなければいけません。外壁の全面打診調査を行うには「足場」が必要です。足場を組むにはコストがかかるため、全面打診調査を実施する際に、同じく足場が必要な大規模修繕工事を同時に行うのがコスト削減になります。そこで13年以内、つまり12年ごとに大規模修繕工事を行うという考えが一般的になっています。

「構造物の種類」や「雨風」、「紫外線」などの環境的要素に影響され、修繕サイクルが異なりますので、大まかな修繕時期を把握し、早めに専門の技術者により建物診断・調査を受けることをお勧めします。

第1回目の大規模修繕
築後10~12年、外壁修繕が主体

外壁改修工事が主体です。足場にかかる費用が大きいため、関連工事も同時施工します。
「みすぼらしくなった建物を、新築時の姿に戻そう」がコンセプト。
新築時の美しさを取り戻し、初期性能の回復を目指します。

↓
第2回目の大規模修繕
築後24~30年、外壁・屋根・設備

修繕のみでなくリノベーションの比重も大きくなります。リノベーションとはプラスαで新たな機能や価値を向上させること。よりデザイン性の高いものに改良したり、断熱など性能を高めたり。近代的なライフスタイルにあった住環境へと生まれ変わらせます。

↓
第3回目の大規模修繕
築後36~45年、改良・更新

建物を構成する全ての部材の修繕周期が概ね一巡する時期です。全面的な手直しが必要な時期のためリノベーションの役割がより大きくなります。適切な修繕工事を行い、快適で安心して暮らせる住まいを実現していきます。

ご相談・無料お見積もりはこちら。

お電話のお客様

0422-52-0221

営業時間 9:00~17:30(日曜・祝日除く)

メールでの
お問い合わせはこちら


TOP